クレカジン

電子マネー時代の最強クレジットカード発見マガジン

クレジットカードの作成

クレジットカードを作るのに必要な条件って?

投稿日:2017年5月10日 更新日:

最近、クレジットカードは本当に便利なもので、クレジットカードがないと困るなんてこともありますよね。ネットショッピングや電子マネー、公共料金の支払い、海外旅行の時など本当に幅広く利用することができます。急な支払いがあってもクレジットカードがあれば安心できますよね。

それに、クレジットカードを使うとポイントが付いたり、金券がもらえたり、プレゼントキャンペーンなどに応募できたりお得なことがいっぱい!!マイルや他のポイントに変えることもできるしとっても便利に使うことができます。1枚は持っておきたいものです。

とはいえ、クレジットカードは簡単に作れるものでもないんですよね。申込書に必要事項を記入し提出しても、意外に審査が通らないということがあるのです。これから、クレジットカードはもっともっと必須アイテムになってくるでしょう。

クレジットカードを持つために!!

クレジットカード会社が審査基準にしている項目は、年齢、勤続年数、職種、勤務先の規模、年収、居住年数、居住形態(持ち家か賃貸か)、家族構成です。クレジットカードを作るために大切なことがあります。

1、安定収入
クレジットカードは利用後の支払いになりますから、安定した収入がない方には発行しずらいのです。

2、返済能力
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシングを利用する場合、のちに返済しなければなりません。返済できないような状態の方には発行しません。

3、居住地
住んでいる場所が明確であること。ちょくちょく居場所が変わると夜逃げをするのではないかと思われてしまいます。

4、勤続年数
勤続年数は長いほうが有利です。

この要素はとても大切になります。
クレジットカードを作るには、信用されることがとても大切になります。

滞納や支払い遅延はNG!!

審査時に経済状況のチェックもされます。信用情報機関に個人の情報が登録されていますが、クレジットカード会社が状況を把握するために過去の支払いや借り入れ、税金をきちんと納めているか、自己破産がないかなど細かくチェックしています。
この辺りに心当たりがある方は信用されない可能性があり、審査は通りずらいかもしれません。何回か遅延があるくらいなら大丈夫です。

こういったことから判断していますから、やはりカード会社に信用されるような行動をとっているほうが審査は通りやすくなります。

注意すべきこと

・銀行系のクレジットカードを申請して審査に落ちた場合、1年くらいは銀行同士で情報を共有し合っています。別の銀行でも審査が通らない可能性は高いでしょう。

・1度に何枚ものクレジットカード申請をすると、怪しまれます。こちらも審査が通らない可能性がありますので注意が必要です。
何枚か持ちたい場合、半年以上はあけてから申請するようにしましょう。

基準を満たしていない人はどうしたらいい?

そうなんですよね。今まで紹介したようなことから「基準に達してないなぁ」と思った方もいるかと思います。
でも大丈夫!!

審査を通りやすくする方法があるんです。

もしも・・

収入が少ないし・・という方 → 収入は高くなくても作れるクレジットカードはあるんです。少しでも収入があれば大丈夫!

勤務先は小さな会社だし・・という方 → 小さな会社でも勤めていれば大丈夫!

賃貸物件を転々としているし・・という方 → 転々としていても住所があれば大丈夫!

それから前述のような方でも、両親と同居していると審査は通りやすくなります。個人での返済能力がなくても家族が同居ということであれば家族が返済できると判断するのです。

ですから学生やアルバイトの方は、親と同居という形でクレジットカード申請すれば通る可能性がぐんと高くなるんです。

あとクレジットカード入会申込書の記入の仕方ですが、少し心掛けるといいことがあります。
例えば、ショッピング枠と借入限度額を低めに書きましょう。高く書いてしまうと支払いができるのかと疑われ審査から外れてしまいます。電話番号は携帯電話の番号ではなく、固定電話番号を記入しましょう。最近は携帯電話が普及し、固定電話のない方も多いですから携帯電話しかない方は携帯の電話番号でも大丈夫です。
あとは、クレジットカード審査が厳しくないところに申請を出すのがいいでしょう。
例えば、セディナカード、イオンカード、セゾンカード、ライフカード、楽天カード等のショッピング系のクレジットカードは審査が甘いので通りやすいのではないでしょうか。

まとめ

・支払い遅延や税金滞納はNG!

・何枚ものクレジットカード申請はNG!

・ショッピング枠と借入限度額は低めに記入する

・審査基準が低いクレジットカード申請をする





-クレジットカードの作成

執筆者:

関連記事

海外クレジットカード

海外発行のクレジットカードを持つメリットとその作り方

日本でクレジットカードをつくる場合、普通は日本のクレジットカード会社にカード申請しますが、海外で発行するクレジットカードってけっこうお得なんです。 ただどういった方が利用するのに向いているのかというと …

デビットカード

クレジットカードのように使えるデビットカードって!?

今はほとんどの場所で利用することができるクレジットカード。とても便利で今や必須アイテムですよね。 でも、クレジットカードを作るには審査があって審査基準を満たせない方も中にはいるかと思います。または、ク …