クレカジン

電子マネー時代の最強クレジットカード発見マガジン

クレジットカードの基本情報

クレジットカードの分割とリボどっちを選ぶのが得!?

投稿日:2017年5月20日 更新日:

クレジットカードって本当に便利ですよね。お金が手元になくてもお買い物ができちゃうんですから。ましてや高額なものを買った場合に分割払いやリボ払いといった方法で支払いすることができるなんて助かりますよね。収入の少ない方は特に高額の商品を購入した場合、分割やリボ払いが使えるのは嬉しいですよね。
でも分割?リボ?どう違うの?何が違うの?どっちがお得なの?などと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
支払い方法の選択の仕方で損をすることもあるんですよ。損をしてしまってはもったいない!!

今回はクレジットカードの支払い方法について詳しく説明しますね。もっとたくさんの方にお金の知識を身につけてもらいたいと思います。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードには4つの支払い方法があります。

一括払い

翌月に一括で支払いします。手数料や利息はかかりません。

分割払い

商品などを購入した際、支払回数、月々の支払額を決めて支払っていく方式です。支払回数を多くすれば、月々の支払い金額をを少なくすることができます。逆に、支払回数を少なくすれば月々の負担は増えますが、支払いを早く終えることができます。なお、利用金額や支払回数に応じて利息がかかります。

リボ払い

リボルビング払いのことです。商品などを購入した際、月々の支払い金額を一定額に決めておき、その額を支払っていく方法です。例えば月々1万円の支払いと決めておいた場合、その後クレジットカードをどのように使用しても毎月の支払いは1万円と固定されます。残高が終わらない限り支払いは続きます。なお、利用金額や支払回数に応じて利息がかかります。

ボーナス払い

商品などを購入した際、翌ボーナス時期に一括して支払いします。手数料や利息はかかりません。支払い時期は、夏は7月か8月、冬は12月か1月になります。

 
 
 
ほとんどのクレジットカードが、この4つの支払い方法を選択できるようになっています。一括払い、ボーナス払いは利息などがかかりませんので、もし、こちらの支払い方法が可能なら一括、ボーナス払いを選択することをオススメします。

しかし、一括で支払いするのが難しい場合ってありますよね。常に一括払いでは厳しい方もいるかもしれません。その場合は分割、リボを利用していいんです。利用しましょう!!

では、どちらを利用するのがいいのでしょう。分割払い、リボ払いの違いや特徴をまとめてみます。参考にしてみてくださいね。

分割払いの特徴

改めて、分割払いとは5回払い、10回払い、15回払いというように分けて支払うことができるシステムです。支払い回数は自分で設定できます。支払い回数と利用金額によって毎月の支払額は変わってきます。
支払回数は、一般的に3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回・30回・36回払いが選べます。もし2回払いが可能なら2回を選択するのがいいでしょう。2回までは利息はかかりません。

メリット

・支払い回数を決めてあるのでいつ支払いが終わるのか分かりやすい

・2回払いまで手数料は無料

デメリット

・分割払いは支払い回数が多いと金利が増える

・分割払いを複数利用した場合、支払額が加算されるため月々の支払い額が増える

リボ払いの特徴

リボ払いとは、毎月一定の額を設定し、その設定した金額で毎月支払いをしていきます。もし設定金額を1万円と決めたら、どんなに利用しても支払いは毎月1万円。月々1万円ずつ返済していくことができるため支払は楽になります。しかし分割よりも金利が高い傾向にあります。

メリット

・支払は毎月一定額のため、月々の支払いは楽

・支払い金額は毎月決まっているため管理がしやすい

・あとからリボに変更可能

・リボ払い専用カードがある。利用すれば自動的にリボ払いで支払いできる。

デメリット

・支払い期間は長くなることが多い(支払いの間は金利がかかる)

・あと何回支払うのか分かりづらい

・金利手数料が高い

・支払い額が一定なので使いすぎてしまう

どっちが得?

特徴などを表にまとめてみました。

 

 

 

 

支払い方法 分割払い リボ払い
月々の支払額 利用金額と支払い回数で変動 一定額(自分で設定できる)
支払い回数 最初に固定(自分で回数設定できる) 利用金額によって変動
金利 12%~15% 15%~18%
金利のかかり方 利用した時の金額に対して金利がかかる 支払い残高に対して金利がかかる
支払額の計算方法(10万円利用し金利15%、10回払いとした場合) 100000円 * (7円 / 100 円) = 7000円/10回+10000円=10700円 10000円+(100000円 * 0.15)/10 = 11500円(初月支払い額)
最終的な金利総額 6,817円 6,629円

分割とリボでは金利のかかり方が違います。この表の例の場合、最終的に分割のほうが高い結果に!!
リボのほうが金利自体は高いですが、利用金額や支払い回数によってはリボのほうがお得になります。
リボは残高に対して金利がかかりますが、分割は利用代金100円あたりに手数料がかかってきます。上の表も100円あたりの手数料を出して計算しています。10回払いで100円当たり7円の金利をかけています。ここはカード会社によって変わってきます。

もし短期で支払う計画なら、分割のほうがお得になりますが、お金に余裕のない方は毎月一定額のリボがオススメ。どちらも繰り上げ返済が可能ですから、金利を減らすために少しでもお金に余裕がでてきたら返済してしまったほうが良いでしょう。

最近は各カード会社のサイトから支払いシミュレーションができるんです。こういったシミュレーションは非常に大切なんです。クレジットカードは一括だろうと分割やリボだろうと一旦はカード会社から借金する形になります。ですからカード会社へ返済していかなければなりません。
分割、リボどっちがお得か利用前に是非シミュレーションしてみてください。どちらにしても計画的に利用するようにしましょう。

まとめ

・最終的にリボ払いのほうが支払い額が少ない場合もある

・分割、リボ、その時の金額や状況に応じて使い分けるのが良い

・2回払いが可能なら2回払いにすべし

・お金の知識を付けて、損をしないように





-クレジットカードの基本情報

執筆者:

関連記事

クレジットカード基本

初心者さん対象!クレジットカードの基礎講座

クレジットカードの使い方・選び方を分かりやすく解説したいと思います。この記事の対象者は「クレジットカードを作りたいけど、よく分からない…」「すでに持っているけど使いこなせない…」等のお悩みを抱えた”ク …

クレジットカード基本情報

クレジットカードの基礎知識 ~知っておくべきこと~

クレジットカードは今や当たり前のもので、誰もが1枚は持っているものではないでしょうか。これからクレジットカード申請しようかなと思っている方もいると思いますので、クレジットカードの基礎知識をここで説明し …

ATM

クレジットカードの銀行口座の引き落としの時間と入金期限について

ほとんどの方がクレジットカードの利用代金や公共料金などで、銀行での引き落としを利用しているのではないでしょうか。この引き落としというのは正式には「自動振替システム」といいます。 朝になってヤバい!入金 …